白内障手術のご案内

塚本裕次医師は、大阪鉄道病院、大阪警察病院で、多症例の手術を執刀して参りました。
これまでの実績が認められ、現在でも大阪警察病院(日帰りのみ)および大阪中央病院(日帰り・入院対応可)で手術を執刀させていただいております。今後も白内障患者の皆様の視力回復のお手伝いができれば幸いです。

塚本裕次医師の執刀を希望される場合は、手術は下記の要領で行いますので、ご希望の病院およびご希望の時期をお伝えください。手術をご希望の方は、ご来院いただき必要な検査を受けたのち医師と相談し手術日をお決めください。なお、大阪警察病院で入院下での手術をご希望の方につきましては、手術依頼のご紹介をいたしますので、何なりとご相談ください。

現在の手術予約は2ヶ月程度の待ちとなっております。お急ぎの方には、対応可能な病院にご紹介させていただいております。

医療機関名健康保険組合連合会 大阪中央病院
所在地〒530-0001 大阪市北区梅田3-3-30
アクセスJR大阪駅・地下鉄西梅田駅・阪神梅田駅・市バス梅田駅から徒歩約7分
医療機関名大阪警察病院
所在地〒543-0035 大阪市天王寺区北山町10-31
アクセスアクセスの詳細はこちら(PDF)

手術までの流れ

  1. 塚本裕次医師と相談のうえ、手術の日程を決めてください。
  2. 当方で、大阪中央病院または大阪警察病院の手術予約と術前検査予約をお取りします。
  3. 手術を受ける病院の眼科を受診していただき、術前検査を受けてください。
    (大阪中央病院をご希望の方は入院申込もしていただきます。)
  4. 手術の当日は指定された時刻に手術を受ける病院にお越しいただき、白内障の手術を受けてください。
  5. 術後は(入院の場合は退院後)、
    当院にて加療させていただきます。

内科、外科、神経科、脳外科などでかかっておられる方は、まずそれぞれの主治医の先生にお問い合わせします。必要があれば手術予定病院の内科などで追加検査を受けていただき、手術しても体に影響がないかどうかを、内科の先生などに判断してもらいます。その場合は、手術予定病院の受診が2回以上となることがあります。 予めご了承ください。

2016年2月 2日

ページトップへ